ブログ

2014年10月28日 火曜日

子どもでもアレルギー性鼻炎になります

近年アレルギー体質の方が増えています。
どなたにとっても、身近なものだと言えるでしょう。
アレルギーの中には、鼻に症状が現れるものもあります。
継続的なくしゃみや、鼻づまり、水のようなサラサラとした鼻水が出るのは、もしかしたらアレルギー性鼻炎が潜んでいるのかもしれません。

アレルギー性鼻炎は、大人だけのものではありません。
子供でも、こんな症状で悩んでいたらアレルギーである可能性があるのです。
この病気は根本的に治療をすることが難しいので、まずは原因をつきとめ、それを除去する、また薬で不快な症状を抑えることがメインとなります。

吹田市にある当院は、地域の耳鼻科として、患者様の生活に密着した診療を行っております。
キッズスペースも完備していますので、お気軽にご相談ください。

記事URL

2014年10月23日 木曜日

安心して気軽に通える耳鼻科です

当院は、地域に愛される病院を目指しています。
院内も明るく吹き抜けで、ゆったりした空間でバリアフリーです。
駐車場も完備していますので、ご高齢の方やお子様連れの方も通いやすいです。

耳や鼻やのどの調子がおかしいと思ったら、お早めにご来院ください。
最新の医療機器を備え、患者様1人1人のお話を聞いて、負担の少ない治療をしています。
2回目以降の受診でしたら、当日にネットで診療予約ができますので、病院で待つ時間も少なくてすみます。

空気が乾燥してくる季節なので、鼻やのどに様々な症状がおきやすくなっています。
地域の皆さまに愛されるかかりつけ医を目指していますので、吹田市近郊で、耳や鼻のご相談でしたら、当院に気軽にご来院してください。

記事URL

2014年10月22日 水曜日

キッズスペースがあり、お子様づれでも安心です

当院は、吹田市で、お子様にも配慮した治療を行っている耳鼻科です。
お子様は、最初は耳や鼻の治療を怖がって泣いてしまうこともあるでしょう。
そういう時も、当院では院長をはじめ、スタッフがアンパンマンのぬいぐるみなどを使ったり、お子様の緊張をほぐすよう優しく対応しておりますので、どうぞ安心してご来院ください。

また、お子様をお二人以上連れているお母様にとって、通院はとても大変なことと思います。
当院では、ご来院時のお母様のお手伝いをしておりますので、ご心配なくお気軽にお越しください。
キッズスペースもございます。

当院は、耳鼻咽喉科として、中耳炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、副鼻腔炎など、様々な耳と鼻の治療をしております。

居心地のよい明るい院内で、地域の皆様のかかりつけ医として、健康を支えてまいります。

記事URL

2014年10月16日 木曜日

耳、鼻、のどの診察をしております

みなさま、こんにちは。
当院は、吹田市にあります耳鼻咽喉科です。
耳、鼻、のどの診察をしております。
気になる症状のある方はお気軽に当院にご相談ください。

風邪を引いた後、いつまでも黄緑色の鼻水が出ていませんか。
急性副鼻腔炎が治りきらずに長引いてしまうと、このような症状がみられます。
慢性副鼻腔炎です。
頭痛や嗅覚低下を併発することが多くあります。
頭が痛くて悩んでいた方が、実は慢性副鼻腔炎が原因だったとうこともあります。
治療には、マクロライド系抗菌薬が効果があります。
たまった鼻汁をきれいに取り除くことも重要です。

中耳炎には、急性中耳炎と、滲出性中耳炎、慢性中耳炎があります。
どの症状も、しっかりと治すことが肝心です。

記事URL

2014年10月 7日 火曜日

中耳炎の種類と症状についてお伝えします

吹田市にお住まいの皆様が安心して通えるように、丁寧な診察をいたします。
確かな医療技術で早期発見早期治療を目指します。

今回は耳の病気である中耳炎について説明します。
急性中耳炎の場合は耳管が太くて短い子供に多く、風邪をひいたときにかかりやすくなります。
耳の痛みや耳だれ、発熱といった症状がでます。

滲出性中耳炎は、風邪をきっかけに耳管の働きが悪くなり、浸出液が中耳に溜まった状態になります。
風邪を引くと気圧の調整が出来にくくなり、鼓膜が少ししぼみます。
この状態が継続することにより浸出液が中耳に溜まります。
この場合、難聴や耳鳴りといった症状がみられます。

急性中耳炎や滲出性中耳炎を放置すると慢性中耳炎になる可能性があるので注意が必要です。

記事URL

おおき耳鼻咽喉科医院 〒564-0001 大阪府吹田市岸部北5-30-1 ベターホームビル1F ホームページを見たとお伝えください TEL:06-6368-3711 診察時間 月・火・水・金:9:30〜12:30 16:00〜19:00 土:9:30〜12:30 休診日:木・土曜日午後・日祝